So-net無料ブログ作成

家の窓(その3) [住宅]

以前、窓の名称が取り付ける位置を表しているという話をいたしました。

地窓(じまど)、天窓がそれ。今回は地窓の話です。

床に直接接するように設ける窓で、主に和室に設けています。下の写真は、桜ヶ丘の家と釜戸の家の地窓であります。

    

このような窓を設ける場合の意図は、

1)寝ているときに気持のよい風がほほをなでながら流れる。

2)障子を開けると、きれいな庭のグランドカバーが見える。

3)外からも中でごろごろしている姿が見られにくい。

4)床をなでるような光が差し込み、天井が対比的に暗くなり、陰影礼賛の世界が味わえる。

それから、機能的に窓を開ける必要があるが、美しい壁面構成にするために地窓を隅っこに開けるなんて場合もありますかねえ。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。